Hファクター乗り換え(借り換え)

Hファクターにファクタリング乗り換え(借り換え)る前に知っておくべき3つのポイント

 

ファクタリングの乗り換え(借り換え)を検討している

 

乗り換える上での注意点は何かあるだろうか?

 

Hファクターという会社が良いと聞いたけど、乗り換えて大丈夫?

 

今のファクタリング会社の手数料が高い、対応があまり良くない、など色々な乗り換える理由があるかと思います。

そこで、ファクタリングを乗り換える上での注意点、そしてHファクターに乗り換えて大丈夫かどうか、など情報をご紹介してまいります。

 

Hファクター|ファクタリング乗り換えの注意点は?

 

チェックポイント

 

これまでファクタリングを利用してきたけれど、乗り換えたほうがお得のような思えてきた......実はそういった方が最近は増えています。

では実際にファクタリングを乗り換える上での注意点についてご紹介してまいります。

 

手数料の安さは重要ポイント

 

手数料は安いに越したことはありませんよね。もし今利用のファクタリング会社より安い手数料を提示している会社があれば検討してみる価値はあります。

しかし安いのには安いなりのからくりがありますから、その安さの理由が正当なものなのかはしっかりと判断するほうがよいと思います。

よくあるのは、まず手数料の安さで引き付けておいて、実際は色々な名目で上積みされていき、結局トータルしたら乗り換える意味がなかったというような場合です。

 

手数料の上限を約束している会社を選ぶ

 

こういったトラブルを防ぐためには、手数料の上限を定めている会社を選ぶという方法があります。つまり〇%以下の手数料です、といった約束をしているファクタリング会社を選ぶということです。

多くのファクタリング会社は様々な条件によって手数料に幅を持たせています。3%~10%といったような表記もよく見られます。幅が大きいので、実際に自分の場合の手数料はいくらなのかを明確に知りたくなりますよね。

そういった中で5%以下、または3%以下といった具合にこれ以上手数料が高くなることはないですよ、という明確に約束しているとすれば安心ですよね。

 

上限手数料は3%!乗り換えもお得に!Hファクター

Hファクターの案内

Hファクターは、医療施設や介護施設専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

Hファクター|乗り換え手数料の安さの理由にも注目

 

なぜ

 

なぜ安いのかの理由も大切!

 

もし格安の手数料を謳っているならば、なぜそういった安い手数料なのかの理由も調べるようにするのも大切になってきます。

 

たとえばHファクターの手数料は1.5%~3%未満となっていて、これは業界最安値です。

 

H・ファクターの手数料が安い理由は、安全な債権だけを買い取っているからです。これは医療機関や介護施設が行なうレセプト請求による診療報酬や介護報酬を専門に買い取っているからです。

 

レセプト請求は国保連や社保に対して行なわれるものですから、レセプト不備による返戻や減額はあるにせよ、必ず期日までに入金されます。通常の取引先ですと、入金を待って欲しいと言われたり最悪倒産してしまい、売掛金を回収できないリスクもあります。

 

しかし国保連や社保という公的な機関ですので、そういった心配はありません。こういった安全なものだけを専門に買い取るので、リスクがないため手数料を安く設定することができる訳です。

 

Hファクターはリスクのない債権を買い取るので手数料が安い

 

 

ファクタリングの手数料が10%や中には30%を提示している会社もありますが、そもそもなぜファクタリングの手数料は高い場合が多いのでしょうか?

 

一般的にファクタリングの手数料が高いのはなぜ?

 

それはリスクの高い債権を買い取る場合があり、そのリスク分を手数料に上乗せしているからです。

ファクタリングというのは、売掛金を債権として買い取るサービスのことです。しかし、その買い取る債権(売掛金)の中にはリスクの高いものがあります。

つまり結果的に回収できない債権を買い取ってしまう場合があるということです。回収前に売掛先の会社が倒産してしまったり、ファクタリングを依頼してきた会社も倒産してしまったり、債権の二重譲渡をしていたり、といった場合があります。

 

ファクタリング会社も買い取る債権を十分に精査しているとはいえ、最近のファクタリング業界もどんどんと新興会社が設立されている現状、どうしても成績を上げるために少しリスクのある債権も買い取らなければいけない場合もあるようです。

 

それで結果的にそのリスク分(回収できない場合のために)を手数料に上乗せする必要があるため、ファクタリングの手数料は一般的に高い設定がなされることが多い訳です。

 

債権のリスク分を手数料に上乗せしている

 

上限手数料は3%!乗り換えもお得に!Hファクター

Hファクターの案内

Hファクターは、医療施設や介護施設専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

Hファクターに乗り換えて大丈夫?

 

はてな

 

Hファクターの手数料は業界最安値で、そして安い理由も正当なものだけれど、実際にHファクターに乗り換えて大丈夫なの?

 

Hファクターってどんな会社?

 

ファクタリング会社のH(エイチ)ファクターは大阪市淀川区に本社があります。医療法人や、病院やクリニック、歯科医院などの医療機関や医療施設、さらには社会福祉法人や老人ホームなどの介護事業者への資金調達のサポートをしています。

会社概要としては以下のようになっています。

会社名 H・ファクター株式会社
設立日 平成26年6月
資本金 3000万円
住所 大阪市淀川区西中島4丁目9-22

 

平成26年設立とありますので、ファクタリング会社としては後発組になりますね。しかし豊富な資金力をバックに、最近メキメキと頭角を表してきているともっぱらの評判です。

 

Hファクターは資金力がかなり豊富

 

こういった資金調達サポートのサービスは、資金力がものを言います。お金を用立ててその手数料で経営していくというビジネスモデルですから、ファクタリングの依頼主に対して提供できる金額が大きければ大きいほど儲かる仕組みになっています。

 

Hファクターはサポート金額の上限を定めていない

 

通常のファクタリング会社は、新規や乗り換え関係なく、買取の上限金額を定めています。たとえば一度にファクタリングできる金額は、3000万円とか5000万円といった具合です。

しかしH・ファクターにはその上限がありません。1億円でも2億円でも問題なく契約してくれます。

 

なぜこういったことができるのかというと、Hファクターのバックファイナンスが相当強力なのではないかと思われます。

このようなビジネスは、Hファクターのような会社に資金を提供するバックファイナンスと呼ばれる存在が実はいます。H・ファクターはこのバックファイナンスが相当の資金力を持っていると考えられます。

 

上限金額を定めなくても良いほど豊富な資金力があるというのは、安心して契約そして乗り換えることができますね。

 

まずは実際に問い合わせして相談に乗ってもらってはいかがでしょうか。

 

Hファクターに乗り換えの相談をしてみる

 

 

上限手数料は3%!乗り換えもお得に!Hファクター

Hファクターの案内

Hファクターは、医療施設や介護施設専門のファクタリングを行なっているので、業界内の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

Copyright© Hファクター乗り換え(借り換え) , 2018 All Rights Reserved.